製品紹介

OAC FaxMagic/400

「OAC FaxMagic/400」の概要

基幹システム運用が中心のIBM iでは今も、Fax利用の効率化は業務の生産性に大きな影響を与える重要なテーマです。
「OAC FaxMagic/400」は、IBM i専用のFax自動送信パッケージ。IBM iのスプールデータをWindows経由で相手先のFaxへ自動送信します。
IBM iからの帳票の作成/送信/複数相手先への連続送信/送信失敗した場合の再送信などの機能をサポート。
「出力に時間がかかり、大量出力もムダ」「財目手が通話中で送信できない」「複数顧客に同一書類を送信する際、いちいちFax番号を入力するのは面倒」「送信漏れや不達文書の再送信忘れなどの管理ミスが発生する」といった問題を解決し、単調で効率の悪いFax送信業務から貴重な人材を解放します。

「OAC FaxMagic/400」の概要

※OAC FaxMagic/400は、キャノンIT社のライトニングFAXサーバーを使用しています。

「OAC FaxMagic/400」の特徴

  • 業務システムに組み込む全自動方式と、相手先指定で既存スプールを送信する手動方式の2つをサポート
  • IBM iで出力する印刷イメージをほぼ同じイメージでFax送信が可能
  • 縦倍、横倍、4倍角などの拡大文字、罫線なども出力可能
  • APWを使用することにより、イメージ出力など多彩な出力をサポート
  • B4(縦・横)/A4(縦・横)/B5(縦・横)、15インチストックフォーム(A4横に縮小して送信)などの用紙サイズに対応
  • アプリケーションプログラムの修正はほぼ不要
  • IBM iの端末画面から、Fax送信状況・送信結果を確認可能

動作環境

IBM i V5R4以上